野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1軍は「常に意識」―「今めちゃ楽しい」オリックス3年目内野手・宗の魅力

『僕が思っている、見ている彼の能力からすると、まだ3分の1ぐらいしか使っていない。それぐらいの潜在能力を彼は持っていますよ』

オリックス・宗佑磨【写真:荒川祐史】
オリックス・宗佑磨【写真:荒川祐史】

田口2軍監督も評価する高い潜在能力「まだ3分の1くらいしか使ってない」

『僕が思っている、見ている彼の能力からすると、まだ3分の1ぐらいしか使っていない。それぐらいの潜在能力を彼は持っていますよ』

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックス・バファローズのファームを率いて2年目の田口壮監督がこう評する選手とは、バファローズ期待の若手、3年目の♯6宗佑磨(むね・ゆうま)選手である。

 2014年のドラフトで2位指名を受け、横浜隼人高校から入団。高校時代は甲子園出場を果たせなかったが、スピードある躍動感溢れるプレーが評価されての上位指名であった。

 昨年からバファローズの若い選手にフォーカスして、コラムを書かせていただいていた私が、今回宗選手のコラムを書かせてもらいたいと球団にオーダー。取材の時間に姿を見せた宗選手は第一声、『ヤッター! やっとコラムで取り上げてもらえる!』と笑顔でやってきてくれた。それぐらい宗選手は、自分の感情をストレートに表現してくれる、裏表のない誰にでもフレンドリーなナイスガイだ。

――3年目の今シーズン、ここまでを振り返ってどうですか?

「やっと結果とかではなくて、一から野球ができている感じですね。1年目、2年目はケガばかりで、今年は自分の中で1年目のような感じでやっています」

――何かを変えようと取り組んだ?

「はい。オフにウエイトや体幹をトレーニングしたのが、前半戦の結果に結びついたと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」