野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュ獲得でさらに数字上昇 ドジャース、世界一確率はトップの33.9%

現地時間7月31日(8月1日)のトレード期限ギリギリでダルビッシュ有投手はレンジャーズからドジャースに移籍することが電撃的に決まった。

レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

米メディアが分析、ダルビッシュが持っている「数字」は?

 現地時間7月31日(8月1日)のトレード期限ギリギリでダルビッシュ有投手はレンジャーズからドジャースに移籍することが電撃的に決まった。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ドジャースは日本人右腕獲得と引き換えに、ウィリー・カルフーン内野手、ブレンドン・デービス内野手、A・J・アレクシー投手をレンジャースに放出。今季74勝31敗でMLBトップの勝率.705を誇る名門は、1988年以来となるワールドシリーズ(WS)優勝に並々ならる本気度を示す一大補強を敢行した。

 ダルビッシュ加入は西海岸の強豪の世界一の可能性をどれぐらい引き上げたのだろうか。地元テレビ局「CBSスポーツ」ではオンライン・ブックメーカー「スポーツライン」のトレード期限最終日以前からの各チームのオッズの動きを比較し、ダルビッシュの持っている「数字」を浮き彫りにしている。

 左腕エースのクレイトン・カーショー投手が故障離脱したものの、ハイペースで白星を積み重ねているドジャース。レギュラーシーズンでは、「ダルビッシュ効果」はさほど見られないという。記事によると、加入前はシーズン110.4勝でナ・リーグ西地区優勝確率は98.0%とすでに圧倒的な評価を得ており、ダルビッシュと中継ぎ右腕のワトソン加入後も110.5勝で、地区優勝の確率は98.2%とわずかに数字が上がるだけだ。

 先発ローテーションには、今季オールスターに選出されたカーショー、アレックス・ウッドにリッチ・ヒルと充実のメンバーを揃え、前田健太も奮闘している。さらに、圧倒的な打撃力も誇るドジャースにとっては、残り2か月のレギュラーシーズンでの上がり幅はほとんど残されてないため、ダルビッシュ効果は勝利数でわずか0.1試合、地区優勝確率では0.2パーセントアップという結果となっている。ポストシーズン出場率もはじめから100%のため、当然、加入前と変わらない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」