野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュは「11」のまま? ドジャースの背番号“争奪戦”にファン注目

7月31日(日本時間8月1日)のトレード期限終了間際に、レンジャーズからドジャースへ電撃移籍が決まったダルビッシュ有投手。現在、メジャー最高勝率.705を誇り、ナ・リーグ西地区を独走するドジャースへの移籍について右腕は「光栄なことだと思う」と話した。

レンジャーズからドジャースへと移籍するダルビッシュ有【写真:Getty Images】
レンジャーズからドジャースへと移籍するダルビッシュ有【写真:Getty Images】

日本ハム時代から愛用の「11」は内野手フォーサイスが着用

 7月31日(日本時間8月1日)のトレード期限終了間際に、レンジャーズからドジャースへ電撃移籍が決まったダルビッシュ有投手。現在、メジャー最高勝率.705を誇り、ナ・リーグ西地区を独走するドジャースへの移籍について右腕は「光栄なことだと思う」と話した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 早ければ、8月1日(同2日)にも新チームに合流すると見られる右腕だが、気になるのはその背番号だ。ダルビッシュは、2005年にドラフト1位で日本ハムへ入団した当初から、2012年にレンジャーズ入りを果たして以降も、一貫して背番号「11」をつけてきた。プロ入りから13年背負ってきた番号には大きな愛着を感じているであろうが、ドジャースでは背番号「11」が空いていない。内野手ローガン・フォーサイスがつけている。

 どうやらフォーサイスも「11」には、こだわりがあるようだ。パドレスでメジャーデビューを果たした2011年は先にブラッド・ホープが「11」をつけていたため「12」を選択。だが、ホープが移籍した2012年には「11」に変更した。レイズにトレード移籍した2014年にはユネル・エスコバルが「11」をつけていたため「10」を選択。ここでもエスコバルが移籍した2015年には「11」に背番号を変更している。そして、今季から加入したドジャースでも「11」を選ぶなど、番号へのこだわりが見え隠れしている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」