野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ・ペーニャが感じた2年前との違い 待望の本塁打の裏に意識の変化

来日以来23試合、76打席本塁打がなかったロッテのペーニャに待望のアーチ。それも1試合2本でスタンリッジの今季3勝目を強烈アシストした。

移籍後初本塁打を放ったペーニャ【写真:(C)PLM】
移籍後初本塁打を放ったペーニャ【写真:(C)PLM】

助っ人の本塁打導いた意識の変化、「映像を見て再確認した」

 来日以来23試合、76打席本塁打がなかったロッテのペーニャに待望のアーチ。それも1試合2本でスタンリッジの今季3勝目を強烈アシストした。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 2日の日本ハム戦の2回に有原の148キロ速球を右翼へ流し打つ先制ソロ。「ストレートをしっかりアジャストできた」と話す助っ人は6回にもフォークを左中間へ2号ソロをマーク。「打った瞬間、詰まってフライアウトかと思って」とバットを叩きつけようとしたが、パワーでスタンドまで運んだ。

 試合前、伊東監督は「少し速いボールを苦手としている。左(投手)とか球威の落ちるピッチャーならタイミングが合うかと、その辺も配慮しながら使っている」と語っていたが、再来日1号はストレートだった。

 楽天に在籍していた2015年9月18日のオリックス戦以来、684日ぶりのホームランに、指揮官も「今日来た新外人が打ちました」と開口一番、ジョークだったが、「ホームランは効果的。いいところで打ってくれた。2本出て少しは気が楽になって、明日から乗っていけると思う」と胸をなでおろした様子だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」