野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

NPBホールド数歴代5傑は…通算250ホールドのハム宮西が誇るNO1記録とは

日本ハムの宮西尚生投手は、8月3日のロッテ戦で6回に登板し、1イニングを3者凡退に斬って取り、今季18ホールド目を記録。その結果、プロ通算250ホールドに達した。

日本ハム・宮西尚生【写真:石川加奈子】
日本ハム・宮西尚生【写真:石川加奈子】

8月3日ロッテ戦で史上2人目の快挙達成

 日本ハムの宮西尚生投手は、8月3日のロッテ戦で6回に登板し、1イニングを3者凡退に斬って取り、今季18ホールド目を記録。その結果、プロ通算250ホールドに達した。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 これはNPB史上2人目の快挙となる。

○ホールド5傑
1.山口鉄也(巨)273
2.宮西尚生(日)250
3.浅尾拓也(中)199
4.五十嵐亮太(ソ)156
5.マシソン(巨)146

 全員が現役選手。それというのも、セパ両リーグが「ホールド」に関する新規定を定め、正式記録として採用したのは2005年で、わずか12年の歴史しかないからだ。引退した選手の最多は、阪神で投げたジェフ・ウィリアムスの141ホールドだ。

 ホールドを記録する投手は、いわゆるセットアッパーだ。先発とクローザーの間を任され、勝っている状況で投げる。現代の野球では、セットアッパーはクローザーに勝るとも劣らない重要なポジションになっている。

 一般的にセットアッパーはクローザーよりも登板回数が多く、過酷な役どころになっている。宮西は新人の2008年から昨年まで、9年連続で50試合以上登板、今季も34試合に投げている。そしてハイペースでホールドを積み重ねてきた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」