野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鮮烈デビューのダルビッシュ、ドジャース監督が称賛「期待の全てに応えた」

4日(日本時間5日)のメッツ戦で鮮烈なデビューを果たしたドジャースのダルビッシュ有投手に、両軍監督が賛辞を送っている。

7勝目を挙げたドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
7勝目を挙げたドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

7回3安打無失点10Kの好投、敵将も驚嘆「本当に、本当に良かった」

 4日(日本時間5日)のメッツ戦で鮮烈なデビューを果たしたドジャースのダルビッシュ有投手に、両軍監督が賛辞を送っている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ダルビッシュ有を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 レンジャーズからトレード期限ぎりぎりで移籍した右腕はこの日、移籍後初のマウンドに上がった。レンジャーズでは味方打線の援護が少なかったことも影響し、6月12日のアストロズ戦を最後に未勝利。自身5連敗を喫していたが、新天地デビューでは強烈な輝きを放った。

 初回、テイラーの先頭打者弾で1点のリードを得たダルビッシュはその裏、ヒットと四球で1死一、三塁のピンチを招いたが、グランダーソンの強烈なライナーにファインプレーを見せ、無失点で切り抜けた。するとリズムをつかんだのか、2回以降は安定した投球を披露。7回まで2桁の10奪三振を積み上げ、3安打無失点でマウンドを降りた。DH制ではないナ・リーグで打席にも立ち、3三振だったが、マウンドでは期待に応え、7勝目(9敗)。チームを6-0の勝利に導いた。

 この試合の特集記事を掲載したMLB公式サイトでは両軍監督が右腕を称賛する様子を紹介。ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は「彼は我々は期待することをすべてやってくれた」とその投球を絶賛し、「C.T(クリス・テイラー)が先制点を奪い、ユウが登板する。安心だよ」とコメントした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」