野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

恩師・星野氏が最多950登板の中日・岩瀬祝福「あいつだけ怒ったことがない」

6日の巨人戦でNPB最多の通算950試合登板を果たした中日の岩瀬仁紀投手について、恩師の楽天・星野仙一副会長が祝福のコメントを寄せた。

星野仙一氏【写真:編集部】
星野仙一氏【写真:編集部】

星野氏が振り返る秘話「ドラフト時は2位での逆指名をみんな反対していた」

 6日の巨人戦でNPB最多の通算950試合登板を果たした中日の岩瀬仁紀投手について、恩師の楽天・星野仙一副会長が祝福のコメントを寄せた。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 岩瀬はこの日、5-4と1点リードの9回に登板。1死一、二塁のピンチを迎えたが、坂本の右中間へのフライを中堅・大島が好捕。その際に、一塁走者の重信が二塁を回ってから一塁に帰塁したが、二塁ベースを踏み忘れた形となり、中日のアピールプレーでアウトに。岩瀬は6月23日の巨人戦以来となる今季2セーブ目を挙げ、自身が持つ歴代最多セーブ記録を「404」に塗り替えた。

 また、登板数は米田哲也氏(実働1956~1977年)の949試合登板を超えて、NPB歴代単独1位に浮上。これに関し、中日入団から3年間、監督として指導した星野副会長は「凄いにつきる」と賛辞を贈った。

 以下がコメント全文。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」