野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

9勝目逃した田中将大、際どいコースにボール判定連発で「苦しくなった」

ヤンキースの田中将大投手が9日(日本時間10日)の敵地ブルージェイズ戦で勝利投手の権利を得る直前で降板となり、9勝目を逃した。この日は5回途中2安打5四球3失点(自責2)で防御率4.92。ヤンキースは11-5で勝利。試合後、ジョー・ジラルディ監督は「疲労がたまっている懸念があった」と降板の理由を説明している。地元メディア「ノースジャージー・コム」が伝えている。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

5回途中で88球、ジラルディ監督「疲労がたまっている懸念があった」

 ヤンキースの田中将大投手が9日(日本時間10日)の敵地ブルージェイズ戦で勝利投手の権利を得る直前で降板となり、9勝目を逃した。この日は5回途中2安打5四球3失点(自責2)で防御率4.92。ヤンキースは11-5で勝利。試合後、ジョー・ジラルディ監督は「疲労がたまっている懸念があった」と降板の理由を説明している。地元メディア「ノースジャージー・コム」が伝えている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 初回を3者凡退に仕留めた田中だが、2回以降は四球を連発して崩れていった。2点のリードを受けた2回にピアースに四球を与えると、ピラーに左翼線二塁打を浴びて無死二、三塁に。ここで青木宣親の二ゴロの間に1点を失った。

 グレゴリウスのソロ弾でリードを再び2点を広げた直後の3回には2四球などで1死満塁のピンチを招くと、ピアースに犠飛を浴びて1点差に。さらにヤンキースが3点を加えた直後の5回にはバティスタに左中間へソロ弾を浴びると、直後、ドナルドソンに四球を与えたところで降板となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」