野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武シュリッターは滅多に三振を奪わない、異能のセットアッパー

西武ライオンズのブライアン・シュリッターは8月9日のオリックス戦の8回に登板し、小谷野栄一に安打を打たれたものの無失点で降板した。この登板で、シュリッターはロメロから三振を奪ったが、これは7月8日の楽天戦の8回に嶋基弘から三振を奪って以来、1か月、登板でいえば10試合ぶりのことだった。

西武のブライアン・シュリッター【写真:(C)PLM】
西武のブライアン・シュリッター【写真:(C)PLM】

9日のオリックス戦で1か月ぶり奪三振を記録、大型右腕の投球スタイルとは…

 西武ライオンズのブライアン・シュリッターは8月9日のオリックス戦の8回に登板し、小谷野栄一に安打を打たれたものの無失点で降板した。この登板で、シュリッターはロメロから三振を奪ったが、これは7月8日の楽天戦の8回に嶋基弘から三振を奪って以来、1か月、登板でいえば10試合ぶりのことだった。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 シュリッターは身長195センチ、体重106キロの大型右腕。速球は最速157キロを記録し、三振をばったばったと奪うパワーピッチャーのイメージがあるが、実際の投球は全く逆だ。

 今季、40イニング以上投げたセ・パ両リーグの投手のK/9(9イニングあたりの奪三振数)の少ない方からの5傑と防御率。

1、シュリッター(西)3.38
48回 18奪三振 防御率1.50

2、山中浩史(ヤ)3.47
62回1/3 24奪三振 防御率4.33

3、有原航平(日)3.89
111回 48奪三振 防御率5.27

4、山崎福也(オ) 4.43
42回2/3 21奪三振 防御率3.59

5、松葉貴大(オ)4.52
101回2/3 51奪三振 防御率4.07

 K/9が低い投手の多くは、本来の投球ができないために奪三振が減っている。だから防御率も良くないが、シュリッターは防御率も抜群だ。三振を奪わず、打たせて取るのがシュリッターの持ち味なのだ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」