野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 世界一への吉兆!? モリーナ「幸運の猫」乱入直後の一球で逆転満塁弾→勝利

世界一への吉兆!? モリーナ「幸運の猫」乱入直後の一球で逆転満塁弾→勝利

セントルイスのブッシュ・スタジアムで行われた9日(日本時間10日)のカージナルスvsロイヤルズの試合で、試合中に子猫が乱入して試合が中断するハプニングがあった。

センターを守るケインのすぐそばを通る子猫【写真:Getty Images】
センターを守るケインのすぐそばを通る子猫【写真:Getty Images】

グラウンド乱入の猫をスタッフが“反撃”にあいながら無事に捕獲、直後に劇的な一発

 セントルイスのブッシュ・スタジアムで行われた9日(日本時間10日)のカージナルスvsロイヤルズの試合で、試合中に子猫が乱入して試合が中断するハプニングがあった。球場スタッフが“反撃”にあいながら保護するも、その直後にカージナルスの名捕手ヤディアー・モリーナに逆転満塁弾が飛び出し、結果的にこの子猫が流れを変える形に。カージナルスはそのまま8-5で勝利した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 可愛すぎる乱入者が試合を中断させたのは、1点を追うカージナルスが2死満塁の好機を作った6回。右腕モイランのモリーナへの初球がボールとなると、どこからともなく現れた子猫が、センター方向へと走っていった。モリーナはすぐに気づき、バットで指し示す。子猫は中堅ケインのすぐ横を通り、そのままフェンスに向かっていった。

 球場が大きく盛り上がる中、球場スタッフが駆けつけ、何とか捕獲。しかし、噛みつかれたのか、ひっかかれたのか、猫を抱きかかえて走り出したスタッフは何度も苦悶の表情を浮かべる。それでも、“反撃”のたびに離しそうになりながら、持ち替えるなどして無事に保護。試合は再開となった。

 すると、モリーナは再開後の初球、モイランの91マイル(約146キロ)のシンカーをフルスイング。打球は大歓声の中、レフトスタンドへと着弾した。チームリーダーの値千金の満塁弾で逆転。カージナルスはそのまま8-5で勝利した。

 米メディアは、カージナルスに幸運、ロイヤルズには不運を呼び込んだこの子猫の乱入について、大きく取り上げた。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」は、「Meowlina!(ミャオリーナ)」とモリーナと猫をかけた造語を見出しに入れ、特集記事を組んだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」