野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

育成選手からブルペンの救世主に…ホークス左腕モイネロが打たれないワケ

育成出身のキューバ人左腕が、なくてはならない存在となっている。ソフトバンクのリバン・モイネロ投手。今季途中に育成選手として獲得したWBCキューバ代表左腕が、リーグ優勝を占う終盤戦に来て、ソフトバンクのリリーフ陣にとって重要な存在にまで急浮上している。

ソフトバンクのリバン・モイネロ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのリバン・モイネロ【写真:藤浦一都】

左キラーからセットアッパー、ロングリリーフと何でもござれ

 育成出身のキューバ人左腕が、なくてはならない存在となっている。ソフトバンクのリバン・モイネロ投手。今季途中に育成選手として獲得したWBCキューバ代表左腕が、リーグ優勝を占う終盤戦に来て、ソフトバンクのリリーフ陣にとって重要な存在にまで急浮上している。

 5月23日に入団会見を行い、そこから1か月足らずで支配下契約を勝ち取った左腕。6月16日に1軍に初昇格すると、一足飛びにその立ち位置を上げてきてた。8月5日の西武戦(メットライフ)では1点を勝ち越した10回裏に登板し、来日初セーブをマーク。12日の日本ハム戦(ヤフオクD)では1点差で迎えた8回2死、大谷翔平を迎えたところでマウンドに上がると、3球連続チェンジアップで3球三振に斬って取った。

 ここまで17試合に投げて2勝1敗4ホールド1セーブ、防御率2.18の数字を残す。勝ちゲームで1イニングを任すセットアッパーとしてだけでなく、12日の日本ハム戦のように左キラーとして、そして3試合で2イニング以上を投げているようにロングリリーフとしても起用でき、状況、役割を問わない働きぶりはチームにとって、有難い限りだろう。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中