野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人、逆転CS進出への鍵は…「先発3本柱で常に2勝以上」と「坂本勇人」

セ・リーグは、連覇を目指す広島のマジックが再点灯。2位阪神とは9.5ゲーム差と独走を続けており、優勝へ突き進んでいる。一方で、クライマックスシリーズ(CS)進出争いは、まだまだ分からない。2位阪神と3位DeNAは1.5ゲーム差。4位巨人は3位DeNAに5ゲーム差と厳しい状況だが、逆転できない数字ではない。

緒方耕一氏【写真:岩本健吾】
緒方耕一氏【写真:岩本健吾】

現在4位の巨人の逆転なるか、球団OBの味方は…

 セ・リーグは、連覇を目指す広島のマジックが再点灯。2位阪神とは9.5ゲーム差と独走を続けており、優勝へ突き進んでいる。一方で、クライマックスシリーズ(CS)進出争いは、まだまだ分からない。2位阪神と3位DeNAは1.5ゲーム差。4位巨人は3位DeNAに5ゲーム差と厳しい状況だが、逆転できない数字ではない。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 前半戦に球団ワースト記録を更新する13連敗を喫するなど、今季は序盤から乗り切れなかった巨人。球団OBの野球解説者、緒方耕一氏は「FAで入って出遅れてしまった選手が1人でも最初からいたら、展開が全く違ったのかなという思いはありますよね。最初から陽岱鋼がいたら、ここまで低迷したかと言えば……彼1人がいたら全然違ったと思います。シーズンには流れというのがあると思うので、違った流れになっていたのかなと思ってしまいますよね」と指摘する。

 負傷で出遅れた陽岱鋼は6月6日に1軍初昇格。その後、主に「1番・中堅」でスタメンを張っており、ここまで51試合出場で打率.314、22打点、8本塁打と成績を残している。巨人打線の活性化にもつながっており、確かに「はじめから陽がいれば……」と思わせる活躍ぶりだ。

 では、ここから逆転は可能なのか。緒方氏は「いい形になりつつあるけど、1人が欠けるとまたガラガラっと崩れていくので、まず誰も離脱しないことが大事」と分析する。

「打線のメンバーを見たら、すごいですよね。陽岱鋼、マギー、(坂本)勇人、(阿部)慎之介、(村田)修一、長野、亀井ときて、キャッチャーとピッチャーでしょ。すごいメンバーですから。力があるのはわかってるので、今の段階で0からスタートして『優勝候補はどこだ』となったら、またジャイアンツと挙げる人も少なくないと思います。ここからまた仕切り直しで『さぁ予想して』と言われたら、ゼロからだったら僕もまたジャイアンツを挙げると思います。それくらい充実してると思うんです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」