野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人2年目宇佐見がプロ初本塁打となるサヨナラ2ラン! 延長10回の激闘制す

巨人が18日の本拠地DeNA戦で劇的なサヨナラ勝利を飾った。7-7で迎えた10回裏にプロ2年目の宇佐見真吾捕手がサヨナラ2ランをマーク。24歳のプロ初本塁打で巨人が競り勝った。

24歳が値千金の一発、プロ初本塁打初打点

巨人が18日の本拠地DeNA戦で劇的なサヨナラ勝利を飾った。7-7で迎えた10回裏にプロ2年目の宇佐見真吾捕手がサヨナラ2ランをマーク。24歳のプロ初本塁打で巨人が競り勝った。

 両チームとも2桁安打を放ち、点の取り合いとなった一戦。巨人は3点ビハインドの7回に陽岱鋼の9号3ランで追いつくと、試合は7-7のまま延長戦に突入した。

 迎えた10回裏、2死二塁の好機で打席に立った宇佐見は相手5番手砂田から右翼へサヨナラ2ランをマークした。

 今月8日の阪神戦でプロデビューを果たした24歳はここまでいずれも代打での出場で、試合前まで5打数2安打。この日も代打で出場し、3打席目でプロ初本塁打初打点をマークした。巨人はこの一発で9-7と激闘を制した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング