野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

12年ぶりの夢実現、ドジャース伝説の名将が米紙にダルビッシュとの秘話告白

ドジャースのダルビッシュ有投手は16日(日本時間17日)、待望の本拠地デビューを飾った。ホワイトソックスを相手に6回を8安打1四球3失点。1点リードを許して降板したが、9回に打線が爆発し、チームはサヨナラ勝ちを収めた。日本人右腕は移籍後3連勝とはならずも、実はこの日のダルビッシュ登板がドジャースにとっては12年越しの悲願だったという。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」電子版が報じている。

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

東北高時代にダルビッシュの自宅を訪問したラソーダ氏、ドジャース入り勧める

 ドジャースのダルビッシュ有投手は16日(日本時間17日)、待望の本拠地デビューを飾った。ホワイトソックスを相手に6回を8安打1四球3失点。1点リードを許して降板したが、9回に打線が爆発し、チームはサヨナラ勝ちを収めた。日本人右腕は移籍後3連勝とはならずも、実はこの日のダルビッシュ登板がドジャースにとっては12年越しの悲願だったという。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」電子版が報じている。

 ドジャースは7月31日のトレード期限締め切り間際に、レンジャーズからダルビッシュをトレードで獲得した。1988年以来となるワールドシリーズ優勝実現を目指す大補強となったが、実は12年前にもドジャースはダルビッシュ獲得に動いていたという。

 かつてドジャースで野茂英雄氏を指導した伝説の名将で、現在チームの相談役を務めるトミー・ラソーダ氏は、ダルビッシュが東北高校時代に球団スタッフと共に自宅を訪問。両親にドジャース入りを勧めたという。

「私はドジャースが彼にとってどのような意味を持つのか。ドジャースにとって彼がどんな意味を持つのか説明しようとしたのです」

人気記事ランキング