野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス川島の「ペゲーロシフト」がピタリ、好守備位置で失点危機止める

ソフトバンクが、驚愕の「ペゲーロシフト」で守った。20日の楽天戦(Koboパーク)。2回に驚きのプレーが飛び出した。

左の強打者ペゲーロ対策、定位置よりも後方にポジション取り

 ソフトバンクが、驚愕の「ペゲーロシフト」で守った。20日の楽天戦(Koboパーク)。2回に驚きのプレーが飛び出した。

 1点リードの2回裏だった。先発の武田が2死から茂木に四球を与えて2死一塁として、ペゲーロを迎えた。2球で追い込んでからの3球目だった。真ん中付近へのカーブをペゲーロがフルスイング。強烈な打球が一二塁間を襲った。

 だが、ソフトバンクは左の強打者ペゲーロの打球方向を予測した「ペゲーロシフト」を敷いていたため、二塁の川島が定位置よりもかなり後方にポジションを取っており、強烈な打球を難なく処理。定位置であれば、一二塁間を抜かれ、ピンチが広がっていたかもしれない場面で、策が的中した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング