野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

どうなる本塁打王争い パは柳田、デスパ、レアード横一線、セはバレ有利か

プロ野球も残り試合30試合前後となり、NPB各部門のタイトル争いも形勢が明らかになってきた。本塁打王争いも、候補者がしぼられつつある。

ヤクルトのウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】
ヤクルトのウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】

今季の本塁打王は誰の手に?

 プロ野球も残り試合30試合前後となり、NPB各部門のタイトル争いも形勢が明らかになってきた。本塁打王争いも、候補者がしぼられつつある。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 現時点での本塁打王争いを数字で見ていこう。以下は20本以上の打者で率は本塁打率(打数÷本塁打数 小さい方が率が高い)。※は現在登録抹消中の選手。

【パ・リーグ】
1柳田悠岐(ソ)29本(率13.21、残28試合、8月5本)
1デスパイネ(ソ)29本(率13.24、残28試合、8月7本)
1レアード(日)29本(率13.52、残33試合、8月6本)
4ウィーラー(楽)26本(率16.12、残36試合、8月3本)
5T-岡田(オ)24本(率15.96、残33試合、8月5本)
5中村剛也(西)24本(率15.08、残30試合、8月1本)※
7ペゲーロ(楽)23本(率15.48、残36試合、8月2本)
8ロメロ(オ)22本(率13.45、残33試合、8月4本)
9秋山翔吾(西)21本(率21.29、残30試合、8月3本)
9松田宣浩(ソ)21本(率20.52、残28試合、8月6本)

 ソフトバンクの柳田悠岐、デスパイネ、日本ハムのレアードが29本で並んでいる。この3人は本塁打率も13台でほぼ互角、8月の本塁打数も5~7本で大差ない。

 残り試合数はレアードが5試合多く、この点は有利だが、優勝争いに絡むソフトバンクと、ポストシーズン進出の可能性も厳しい日本ハムのモチベーションの差がどう影響するか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」