野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武シュリッターが今季初被弾で3敗目、打線奮起も投手陣が踏ん張れず

西武は27日、本拠地でのオリックス戦で逆転負けを喫し、2連敗となった。

オリックスは8回に代打小谷野が値千金の6号逆転3ランで2連勝

 西武は27日、本拠地でのオリックス戦で逆転負けを喫し、2連敗となった。
 
 この日、初回に秋山の左犠飛、浅村の左翼タイムリー、山川の11号ソロで3点を先制。2回表に同点に追いつかれたが、2回にも秋山の2点タイムリー、3回には岡田のタイムリーで3点を追加し、リードを広げた。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 先発を務めた本田は3回途中に3失点で降板。その後を武隈、平井が無失点リレーしたが、6回に牧田がまさかの4失点で逆転を許す。

 だが、1点を追う7回。西武打線は2死から3四死球で満塁の好機を呼ぶと、代打金子侑が中堅へ2点タイムリーを運び、再逆転に成功した。

 このまま逃げ切るかと思われた8回。勝利の方程式の一角を担うシュリッターが、1死一、三塁から代打小谷野に3ランを浴び、2点を勝ち越された。シュリッターは今季ここまで被本塁打ゼロを守ってきたが、手痛い一発を浴びてしまった。結局、これが決勝弾となり、シュリッターは今季3敗目を喫した。

 オリックスは先発の松葉が2回5失点KOされたが、打線が終盤に奮起。6回に吉田正の9号3ランなどで4点、3回に小谷野の6号3点弾などで猛追し、2桁安打2桁得点で2連勝を飾った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」