野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武が優勝に心機一転スローガン「CATCH the FLAG 栄光をつかみ獲れ!」

2位・楽天と1.5ゲーム差(8月27日試合終了時点)にまで迫った西武が記者会見を開き、終盤戦のキャッチフレーズを、新たに『CATCH the FLAG 栄光をつかみ獲れ!』としたと発表した。

終盤戦のキャッチフレーズを掲げる選手たち【写真:上岡真里江】
終盤戦のキャッチフレーズを掲げる選手たち【写真:上岡真里江】

13連勝を生んだ幸運の炎獅子ユニフォームも再着用

 2位・楽天と1.5ゲーム差(8月27日試合終了時点)にまで迫った西武が記者会見を開き、終盤戦のキャッチフレーズを、新たに『CATCH the FLAG 栄光をつかみ獲れ!』としたと発表した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季は『CATCH the ALL つかみ獲れ!』をスローガンに優勝を目指し、ここまで戦ってきた。残り28試合を迎え、4年ぶりのCS出場、さらに9年ぶりのV奪還の可能性も残されている。だからこそ、「ALL」に代えて「FLAG(優勝ペナント)」と、目標をさらに明確化したスローガンを掲げることで、いま一度、球団、チーム、そしてファンが共に「優勝」の意識を高めて一体化し、チームをより一層勢いづけたい考えだ。

 また同時に、「ライオンズフェスティバルズ2017」期間中限定で着用し、7月21日?8月17日までの全24試合中には、13連勝を含む20勝4敗と8割を超える高勝率を誇った炎獅子ユニフォームの再着用も発表された。「あの時の快進撃をもう一度」というファンの熱望もあっての決定とあり、浅村栄斗主将は「このユニフォームを着るからには、勝たないといけない。キャッチフレーズも、優勝するために改めてできたと思うので、今は3位ですが、どんな形でも勝ちにこだわって、上を目指して戦いたい」と、強く意気込んだ。

 共に会見に参加した菊池雄星、増田達至の両投手も、それぞれ「(炎獅子ユニフォームでは負けないという)ジンクスは、8月で1回できたと思うので、もう1回良いジンクスを作れるように、上を目指して頑張ります(菊池)」、「残り30試合を切りましたが、僕たちは優勝をあきらめてない。『一戦必勝』で、全力で戦います」とコメント。逆転優勝へ向け、最後までの全力投球を誓った。

 なお、炎獅子ユニフォーム再着用ゲーム日程は、以下の通り。
◯9月13、14日 楽天戦(Koboスタ)
◯9月16、17、18日 ソフトバンク戦(メットライフ)
◯9月19、20、21日 ロッテ戦(メットライフ)

(上岡真里江 / Marie Kamioka)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」