野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

パは柳田が突出&秋山躍進、セは上位混戦…今季貢献度高い打者は?

ペナントレースもあと1か月余り。優勝、ポストシーズンの行方も気になるが、同時にMVPを誰が受賞するかも話題になりつつある。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

「RC27」で見る打者の貢献度、セパ10傑は?

 ペナントレースもあと1か月余り。優勝、ポストシーズンの行方も気になるが、同時にMVPを誰が受賞するかも話題になりつつある。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 MVPは、優勝チームから出ることが多い。打者、投手どちらが受賞するかもわからないが、ここでは打者の候補をRC27という指標で占っていこう。

 RC(Run Create)は、安打、長打、盗塁、四死球、犠打犠飛、さらには三振、盗塁死など、打点、得点を除くオフェンス面の数値を組み合わせて算出される。古いセイバーメトリクスの指標だが、打者の総合的な実力を表すものとして今も使われる。

 RCは積み上げ型の数値。試合数が多ければ数値は上がるが、RCを基に算出されるRC27というデータは、その選手が27アウト(つまり1試合分)で平均何点取ることができるかを表すものだ。積み上げ型ではなく、選手個々の攻撃力を示した数字。「9」を超えればMVP級、「8」以上でリーグを代表する強打者と言える。

 2017年、規定打席以上の選手のRC27の10傑を出してみた。

【パ・リーグ】
1柳田悠岐(ソ)9.64(114試124安29本91点14盗、率.317)
2秋山翔吾(西)8.82(115試149安21本75点12盗、率.327)
3T-岡田(オ)7.28(112試110安25本50点0盗、率.282)
4茂木栄五郎(楽)7.25(81試96安15本40点3盗、率.302)
5ペゲーロ(楽)6.81(92試111安23本67点3盗、率.304)
6西川遥輝(日)6.51(112試131安7本31点31盗、率.300)
7浅村栄斗(西)6.04(115試141安15本84点5盗、率.306)
8ウィーラー(楽)5.96(109試115安26本68点7盗、率.270)
9デスパイネ(ソ)5.85(111試100安29本82点3盗、率.256)
10鈴木大地(ロ)5.54(113試109安10本47点4盗、率.270)

 ソフトバンクの柳田は昨年、最高出塁率以外のタイトルはなく、WBC代表にも選出されなかったが、RC27は9.29で1位だった。今季も9.64で1位。安打数も長打も多く、盗塁も2桁、さらに四球も多い柳田の貢献度は抜群だ。同じ本塁打数の僚友デスパイネとは、大差が開いている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」