野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人、広島に東京ドーム8戦目で初勝利 小林1号、橋本到が貴重な適時打

巨人は30日、本拠地で広島に6-4で勝利。東京ドームでは8戦目で初勝利となった。打線が2回に3点を奪い逆転。その後は小林の本塁打、橋本到のタイムリーなどで追加点を挙げた。先発・宮國は勝利投手の権利目前の4回2/3で降板も、救援陣がリードを守った。

宮國は勝利投手目前で降板も…救援陣がリード守る

 巨人は30日、本拠地で広島に6-4で勝利。東京ドームでは8戦目で初勝利となった。打線が2回に3点を奪い逆転。その後は小林の本塁打、橋本到のタイムリーなどで追加点を挙げた。先発・宮國は勝利投手の権利目前の4回2/3で降板も、救援陣がリードを守った。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 巨人先発・宮國は初回に先制点を許すも、2回に自らのバットで同点打。さらに、陽岱鋼の三ゴロで勝ち越すと、マギーのタイムリーも飛び出して3点目を奪った。

 4回には小林の今季1号となるソロ弾で追加点。宮國は5回、2死から連打を許し、ここで降板。2番手の山口鉄は松山にタイムリーを許すも、3番手・田原が代打・新井を抑えてリードを守った。

 5回に村田のタイムリーで1点を追加も、7回には西村が満塁のピンチを招き、ここで登板したマシソンが新井に2点タイムリーを許す。しかし、エルドレッドを打ち取ってリードを死守。すると、8回には橋本到のタイムリーで貴重な追加点を奪った。

 9回はカミネロがピンチを招きながら、無失点に抑えて勝利。今季、東京ドーム8戦目で広島に初めて勝利した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」