野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

50日ぶり先発のハム大谷、米首脳陣視察も「その点で変わることはない」

日本ハムの大谷翔平投手が31日、本拠地でのソフトバンク戦で7月12日オリックス戦以来、50日ぶりの先発マウンドに上がった。3回までは無安打無失点とするも、4回に柳田タイムリーと福田3ランで4失点。3回1/3を投げて1被弾を含む3安打4失点(自責4)で2敗目を喫した。

4回の4失点は「こちら側の問題。しっかり次に向けてやっていきたい」

 日本ハムの大谷翔平投手が31日、本拠地でのソフトバンク戦で7月12日オリックス戦以来、50日ぶりの先発マウンドに上がった。3回までは無安打無失点とするも、4回に柳田タイムリーと福田3ランで4失点。3回1/3を投げて1被弾を含む3安打4失点(自責4)で2敗目を喫した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日の最速は160キロ。初回に先頭明石の4球目で記録した後は、4回に柳田の打席で3回記録。この日4球目の160キロ速球をセンター前に弾き返され、同点とされた。

 試合後に囲み取材に応じた大谷は「柳田さんに打たれたのも、福田さんに打たれたのも、どちらかというとこちら側の問題なので、そこをしっかり次に向けてやっていきたいと思います」と振り返った。

 一問一答は次の通り。

――今日の登板

負けたので。

――160キロを4回投げたが、球の走りは実感している?

それほど投げ心地はよくなかったですけど、前回よりは多少進歩したんじゃないかと思います。

――フォークや変化球も投げていた

いいところ悪いところありましたし、最後打たれたのも変化球がよくないものだったので、ここ一番というところで、ああいう失投が出るということは、まだまだじゃないかなと思います。

――3回までは被安打なしで無失点。そこまでの手応えはあった?

そこまでよくはなかったですけど、ゼロでいったのは良かったのかなと思いますし、柳田さんに打たれたのも、福田さんに打たれたのも、どちらかというとこちら側の問題なので、そこをしっかり次に向けてやっていきたいと思います。

――今季は足の怪我から始まったが足の痛みは?

出てないですし、状態としては前回よりも上がっていると思うので、次回に向けてしっかり頑張りたいと思います。

――前回から一番変わった点は。

体の状態が良くなっているんじゃないかと思います。

――メジャーのスカウトがいる中での登板。

その点で変わることはないですね。今日のピッチングを踏まえて、次につながるようにやっていきたいと思います。

――久しぶりの投手での出場。マウンドに上がる時の心境。

特に変わらずにいつも通りの感じでいきました。

――二刀流復活の応援ボードを掲げるファンもいた。改めて二刀流について。

今シーズン関しては、そんなにシーズンを通してやっていないので、思った通り進んできていないです。今日投げられたことが、前回からの進歩じゃないかと思います。

――次回以降に向けて

今日の感じを踏まえて次回に繋がるように頑張りたいと思います。

――今季は投げられないことも続いたが、投げられたことで感じたこと。

投げないと分からないこともいっぱいあるので、そういった点では投げて気付いた点がある

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」