野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天・岸の力投実らず 今季自身最多13K「途中から徐々に良くなった」

右腕の力投も実らなかった。1日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。楽天の岸孝之投手が8回4安打2失点、今季最多の13三振を奪う好投をしても、泥沼の連敗は止まらなかった。

今季最多の13三振を奪う好投をみせた楽天・岸孝之【画像:(C)PLM】
今季最多の13三振を奪う好投をみせた楽天・岸孝之【画像:(C)PLM】

岸好投も完封負けで8連敗

 右腕の力投も実らなかった。1日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。楽天の岸孝之投手が8回4安打2失点、今季最多の13三振を奪う好投をしても、泥沼の連敗は止まらなかった。

「微妙だったんですけど、途中から徐々に良くなった」。初回を簡単に3者凡退に切ると、3回には松田、上林、甲斐を圧巻の3者連続三振。4回に中村晃に先制適時打、7回に松田にソロを許したが、この日の内容はほぼ文句のつけようがない出来だった。

「三振はたまたま。1つずつアウトを取っていったので、特に三振についてはないですね」

 13三振のうち、ほぼ半分の6個を見逃し三振で奪うなど、制球も冴えた。

 ただ、打線が1点も奪えずに、無援に泣かされた。チームは0-2と完封負けして8連敗。「それ(先に点を与えないようになど)を意識し過ぎると悪い方向にいっちゃうなと思っていて、とりあえずやれることをやろうと」。好投しても、連敗は止まらずに、右腕は「こういう時期に来ての、こういう試合。先制点とか言い出したら結構ある。チームは連敗中ですし、なんとか勝てるゲームにしたかったんですけど、申し訳ないです」と反省の言葉を並べていた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中