野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

清宮がきっちり犠飛 主将の今大会初打点で再びリードを3点差に広げる

侍ジャパンU-18代表は1日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の初戦でメキシコ代表と対戦。2点差に迫られた直後の5回に清宮がセンターへの貴重な犠飛を放った。

メキシコ戦に出場した侍ジャパンU-18代表・清宮幸太郎【写真:Getty Images】
メキシコ戦に出場した侍ジャパンU-18代表・清宮幸太郎【写真:Getty Images】

2点差に迫られた直後の攻撃でセンターへ貴重な犠飛

 侍ジャパンU-18代表は1日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の初戦でメキシコ代表と対戦。2点差に迫られた直後の5回に清宮がセンターへの貴重な犠飛を放った。

侍ジャパンU-18代表、初の世界一に向けて初戦は10得点でメキシコに大勝(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本は3点リードの4回に先発徳山の押し出し死球で1失点。2点差に迫られた。しかし、直後の5回は先頭・伊藤が四球で出塁。安田は右飛に倒れるも、清宮の打席で2度の暴投があり、伊藤が三塁まで進んだ。

 清宮はフルカウントから高めのボールをきっちりと外野まで運び、センターへの犠飛で伊藤が生還。3回には技ありのヒットを放っていた主将のバットから今大会初打点が生まれ、4-1とリードを再び3点に広げた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中