野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島の“泣き所”三塁手、規定打席到達の安部、3割超え&正位置獲りなるか

セ・リーグは広島の優勝マジックが消滅し、わずかながら阪神に優勝の可能性が出てきた。ペナントレースは過熱している。そんな中で、広島に新しい「正選手」が誕生した。三塁を守る安部友裕が、晴れて規定打席に達したのだ。

広島・安部友裕【写真:荒川祐史】
広島・安部友裕【写真:荒川祐史】

今季は83試合で三塁出場、打率はリーグ7位の.306

 セ・リーグは広島の優勝マジックが消滅し、わずかながら阪神に優勝の可能性が出てきた。ペナントレースは過熱している。そんな中で、広島に新しい「正選手」が誕生した。三塁を守る安部友裕が、晴れて規定打席に達したのだ。

 安部は福岡工大附属城東から2007年高校ドラフト1巡目で広島に入団。3年間はファーム暮らしだったが、2011年に1軍に初出場。それ以後は、内野のユーティリティ選手として起用されながら、打撃力の向上に合わせて三塁手での起用が多くなった。

 今季はここまで111試合に出場し、キャリア10年目で初めて規定打席に到達。打率.306でリーグ7位にランクインしている。昨季三塁だったルナが退団したことに加え、40歳の新井貴浩に代わって一塁での出場機会が増えたのだ。111試合のうち83試合で三塁を守り、22試合で一塁の守備に就いている。

 内外野で若手選手の台頭が著しい広島だが、三塁はレギュラー選手がなかなか定まらず。唯一の「泣き所」というべきポジションだった。

 過去10年間、広島で最も多く三塁を守った選手の打撃成績を見てみよう。()は三塁での出場試合数。順位は打率順位。▲は規定打席未達。

2008年 シーボル(108)15本53打点 打率.273 ▲
2009年 マクレーン(92)18本52打点 打率.244 27位
2010年 小窪哲也(63)1本24打点 打率.207 ▲
2011年 バーデン(61)3本20打点 打率.281 ▲
2012年 堂林翔太(143)14本45打点 打率.242 22位
2013年 堂林翔太(105)6本41打点 打率.217 ▲
2014年 梵英心(63)8本41打点 打率.269 ▲
2015年 梵英心(87)6本27打点 打率.237 ▲
2016年 安部友裕(93)6本33打点 打率.282 ▲

人気記事ランキング