野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 悲鳴→どよめき→大拍手 170キロ超ピッチャー返しを驚異的反応でキャッチ

悲鳴→どよめき→大拍手 170キロ超ピッチャー返しを驚異的反応でキャッチ

ロッキーズの守護神、グレッグ・ホランド投手が絶体絶命の危機を美技に変えた。

ロッキーズのグレッグ・ホランド【写真:Getty Images】
ロッキーズのグレッグ・ホランド【写真:Getty Images】

ロッキーズ守護神ホランドが美技、チームメートも「彼には脱帽」

 ロッキーズの守護神、グレッグ・ホランド投手が絶体絶命の危機を美技に変えた。

 4日(日本時間5日)の本拠地ジャイアンツ戦。試合は3-3の同点で9回に突入した。ここでマウンドに上がったホランドは、先頭クロフォードを一ゴロに打ち取り、打席にサンドバルを迎えた。

 1ボールからの2球目、88マイル(約142キロ)のスライダーを投じると、とんでもない打球が返ってきた。サンドバルの痛烈なピッチャー返しは、ホランドの顔面付近を目がけて飛んでくる。直撃すれば、大怪我になりかねない打球。しかし、右腕は驚異的な反応を見せ、後ろに倒れ込みながら見事にキャッチ。すぐに一塁に送球し、サンドバルをアウトに仕留めた。

 本拠地は悲鳴の後、どよめきに包まれ、最後は大きな拍手。立ち上がってホランドの美技を称える人もいた。MLBの解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度は105.8マイル(約170.3キロ)だったという。

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」によると、この試合に先発したベティスは試合後、「信じられないプレーだったね。彼には脱帽だよ。信じられないプレーが、試合のとても難しい場面で飛び出したんだ」と絶賛したという。このプレーで奮起したロッキーズはこの裏の攻撃で主砲ゴンザレスがサヨナラ打を放ち、4-3で勝利。1回を3者凡退に抑えたホランドに3勝目がついた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中