野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「北海道発 チア名鑑」最年少合格から積んだ努力、MCにも注力する19歳

活動範囲が広くファンからも愛されている日本ハム球団公式チアリーダー「ファイターズガール」。連載第4回は、16歳の時に最年少合格して3年目を迎えた畠山茉央(はたけやま・まお)さん(19)だ。

16歳の時に最年少合格して3年目を迎えた畠山茉央さん【写真:石川加奈子】
16歳の時に最年少合格して3年目を迎えた畠山茉央さん【写真:石川加奈子】

16歳の時に最年少合格、愛くるしい笑顔を振りまく畠山さん

 活動範囲が広くファンからも愛されている日本ハム球団公式チアリーダー「ファイターズガール」。連載第4回は、16歳の時に最年少合格して3年目を迎えた畠山茉央(はたけやま・まお)さん(19)だ。

 愛くるしい笑顔を振りまく19歳の素顔は、努力の虫だ。16歳で最年少合格した1年目に、いきなり挫折を味わった。

「最年少で一緒に入ったウラン(小林羽蘭さん)はダンスアカデミー出身で何でもできるのに、私はなかなか試合にもイベントにも出られず、フラッグ一つもうまく振れませんでした。悔しくて、早く追いつきたくて。でも、どれから頑張ったらいいのかわからなくて…。ひたすら練習するしかないと思ったのです」

 当時通っていた札幌旭丘高の授業が終わると、自身の出番がないにも関わらず、札幌ドームに駆けつけ、裏方役を買って出た。先輩たちが戻ってくるとポンポンを受け取ったり、フラッグを手渡したり。試合中はジャージを着て鏡の前で1人ダンスの練習。すぐ目の前に広がる憧れの舞台に早く立ちたいという思いをモチベーションに、結局全試合通い続けた。

 その姿勢は高く評価された。翌年は参加資格が18歳以上に引き上げられたため、資格を失ったにも関わらず、特例で合格となった。

 迎えた2年目はMCに力を入れた。きっかけは、DeNAから移籍してきた鈴木栞さんとの出会いだった。

「しーちゃん(鈴木さん)を見て、MCの概念が変わりました。マイク1本でこんな場が変わるんだと。ダンスももちろんですが、しゃべれるファイターズガールになりたいと思いました」と振り返る。

 MCをする度に鈴木さんに良かった点と反省点を指摘してもらい、ノートに書き残す。事前にマイクアプリに吹き込み、自分で聞いて問題がないか確認作業も怠らない。

 メンバー紹介にも工夫を凝らす。「そのメンバーと何をかけたら、覚えてもらえるか。そうやって考えているだけでも面白いですし、考えるところがスタートです」と、舞台に上がる前から想像力を膨らませ、頭をフル回転させている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中