野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、スーパーラウンド初戦で豪州と激突 スタメン発表、磯村が先発

侍ジャパンU-18代表は7日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第1戦、オーストラリア戦に臨む。

1、2番は藤原、小園の2年生コンビ

 侍ジャパンU-18代表は7日、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第1戦、オーストラリア戦に臨む。磯村峻平投手(中京大中京)が先発マウンドを任され、1、2番は藤原恭大(大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)の2年生コンビが入った。また3、4番はオープニングラウンドから変わらず安田尚憲(履正社)、清宮幸太郎(早稲田実)が務める。

侍ジャパンU-18代表が南アフリカに大勝 主将の清宮に待望の今大会1号が飛び出す(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 オープニングラウンド4勝1敗の日本に対して、オーストラリアは3勝2敗。日本はスーパーラウンド初戦を勝利して波に乗れるか。

1(右)藤原恭大
2(遊)小園海斗
3(三)安田尚憲
4(一)清宮幸太郎
5(左)櫻井周斗
6(DH)中村奨成
7(捕)古賀悠斗
8(中)丸山和郁
9(二)西巻賢二
投手・磯村峻平

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中