野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

G菅野が1失点完投でリーグトップ15勝目! マギー&橋本到が2打点の活躍

巨人が8日の本拠地ヤクルト戦で4-1と勝利した。菅野智之投手が1失点完投でリーグトップの15勝目を挙げた。

マギーが5回に走者一掃の2点二塁打

 巨人が8日の本拠地ヤクルト戦で4-1と勝利した。菅野智之投手が1失点完投でリーグトップの15勝目を挙げた。

 初回を3者凡退に打ち取った菅野は2回1死から坂口、リベロに連打を浴びたが、中村を三振に仕留めると、奥村を遊ゴロに打ち取りピンチを脱した。その後は3イニング連続で3者凡退で打ち取ると、5回裏に打線が援護。相手の守備の乱れから迎えた2死一、三塁の好機でマギーがレフトへ走者一掃のタイムリー二塁打を放って2点を先制した。

 菅野は6回以降もスコアボードにゼロを並べると、打線は8回にも2死満塁とチャンスを作り、途中出場の橋本到の遊撃内野安打の間に2点を加えた。右腕は9回、エラーとヒットで無死一、三塁のピンチを迎えると、坂口の二ゴロ併殺の間に1点を失ったものの1失点完投で自己最多を更新するシーズン15勝目を挙げた。この日は9回6安打8奪三振1失点(自責0)。一方、前日に連敗を9で止めたヤクルトは岩橋が今季初登板で初黒星を喫した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中