野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

清宮がバックスクリーンへソロ弾! 高校通算111号本塁打

侍ジャパンU-18代表の清宮幸太郎(早稲田実)が8日(日本時間9日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第2戦カナダ戦で自身大会2号本塁打を放った。

カナダ戦でも4番を務めた侍U-18代表の清宮【写真:Getty Images】
カナダ戦でも4番を務めた侍U-18代表の清宮【写真:Getty Images】

カナダ戦の5回に一発、今大会自身2本塁打目

 侍ジャパンU-18代表の清宮幸太郎(早稲田実)が8日(日本時間9日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第2戦カナダ戦で自身大会2号本塁打を放った。1-3と2点を追う5回にバックスクリーンに叩き込んだ。これで高校通算111号とした。

侍ジャパンU-18代表、カナダに黒星 決勝進出かけ韓国と激突 清宮「勝ち切りたい」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 劣勢の場面で4番が大きな仕事をした。リードを2点に広げられた直後の5回裏。2死走者なしの場面で清宮が打席に立った。前の打席で中前安打を放っていた主砲はここで相手先発エイブラハムの2球目を捉えると打球はぐんぐん伸びてバックスクリーンへと飛び込んだ。

 清宮はオープニングラウンド最終戦の南アフリカ戦で1号本塁打を放っており、これで今大会2本目。高校通算111本目の本塁打となった。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中