野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン主将の清宮、決勝逃すも3位に意欲「最後勝って終わりたい」

侍ジャパンU-18代表は9日(日本時間10日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第3戦で韓国と対戦し、4-6で敗れた。

韓国戦でも4番を務めた侍U-18代表の清宮【写真:Getty Images】
韓国戦でも4番を務めた侍U-18代表の清宮【写真:Getty Images】

11日3位決定戦はカナダと対戦「思い切って自分のスイングを」

 侍ジャパンU-18代表は9日(日本時間10日)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第3戦で韓国と対戦し、4-6で敗れた。これで日本はオープニングラウンドから持ち越される成績を含めて2勝3敗となり、決勝進出ならず。10日(同11日)の3位決定戦でカナダと再戦することになった。

侍ジャパンU-18代表決勝進出ならず、韓国に黒星、小枝監督「詰め切れなかった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 決勝進出には勝利が絶対条件だったこの日。日本は今大会初先発の田浦文丸(秀岳館)が初回に3点を先制されたが、2回の攻撃で相手のミスと西巻賢二(仙台育英)のタイムリーで、すぐ同点に追いつく。2回裏に1死満塁から押し出し四球を与えたところで田浦は降板。2番手の川端健斗(秀岳館)は最初の打者に左前適時打を許したが、さらなる失点は防いだ。

 中盤に共に1点ずつを加えたが、点差は動かず。日本は4-6で競り負けた。

 この日、4打数無安打に終わった清宮幸太郎(早稲田実)は、試合後「自分が今日はホント1回も出塁できなかったので、そういうところで申し訳ないなっていうところが、すごくあります」と敗戦を悔やんだ。監督の投手陣に関しては「かなり日本に近いタイミングでしたし、すごくボールも見やすかったんで、自分自身もすごく打ち損じが多かったかなって感じです」と冷静に分析。その上で「自分がもっと打っていれば」と、主砲としての責任を感じていた。

 惜しくも決勝進出は逃したが、10日(同11日)には最終戦となる3位決定戦が控えている。「やっぱり最後勝って終わりたい」と言葉に力を込め、「切り替えるのは難しいと思うんですけど、もう一回みんなでしっかり調整したいと思います」と勝利宣言。不本意な結果が続く自身の打撃についても「本当に悔いのないように、思い切って自分のスイングができればなって思ってます」と完全燃焼を誓った。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中