野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

敗戦の中で気を吐いたU-18侍、3安打の櫻井「選ばれたからには責任もある」

9日(日本時間10日)に行われた「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第3戦。日本は韓国に4-6で敗れ、決勝進出を逃した。

韓国戦で3安打を放った侍U-18代表・櫻井【写真:沢井史】
韓国戦で3安打を放った侍U-18代表・櫻井【写真:沢井史】

スーパーラウンドで3戦連続安打、3位決定戦へ「負けた後の行動が大事」

 9日(日本時間10日)に行われた「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)のスーパーラウンド第3戦。日本は韓国に4-6で敗れ、決勝進出を逃した。

侍ジャパンU-18代表決勝進出ならず、韓国に黒星、小枝監督「詰め切れなかった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2点差で敗れたが、反撃のチャンスは幾度もあった。6回の1死満塁、7回の2死一、三塁…。だが、6回は1点しか返せず、7回は無得点に封じ込められた。ここまで好調だった2番の小園海斗(報徳学園)をはじめ、安田尚憲(履正社)、清宮の中軸コンビは無安打。そんな中、3安打と気を吐いたのが櫻井周斗(日大三)だ。

 スーパーラウンドに入ってから「5番・左翼」でスタメン起用され、ここまでの2試合でもヒットを放ってきた。スーパーラウンドともなれば、好投手ばかりとの対戦になる。期待され続けた打線がなかなか爆発しない状況の中、「今日はストレートもスライダーもいい投手。ベルト(付近)の球を飛ばそうと意識した結果、全部芯を食っていたので良かった」と胸を張った。

 試合は終始、追いかける展開が続いた。

「何とか盛り返したかった。清宮中心に、打撃で何とか引っ張っていければと思いました。今日は連投の中で田浦や川端がよく投げてくれたのに、打者が(走者を)返せず、最後までそれが続いた」

 8回には韓国の2番手投手の前に、直前の清宮まで6者連続三振を喫していたが、左翼超え二塁打(左翼手の失策で三塁進塁)を放ち、一矢報いた。だが、後が続かず追加点は奪えなかった。

 10日(同11日)に行われる3位決定戦が、いよいよ代表として最後の試合。「負けた後の行動が大事。日本代表として来ているメンバーだし、選ばれたからには責任もある。最後までしっかりプレーをしていきたい」と、最終戦に向け闘志を燃やした。

(沢井史 / Fumi Sawai)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中