野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、カナダに快勝で3位 三浦が7回無失点12K、清宮は初タイムリー

侍ジャパンU-18代表は10日(日本時間11日午前1時開始)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の3位決定戦でカナダと対戦した。3回に清宮の今大会初タイムリーなどで4点を先制すると、その後も加点。投げては、先発の三浦が7回3安打無失点12奪三振と快投した。日本は8-1の快勝で今大会最終戦を飾り、3位で大会をフィニッシュ。

カナダ戦でも4番を務めた侍U-18代表の清宮【写真:Getty Images】
カナダ戦でも4番を務めた侍U-18代表の清宮【写真:Getty Images】

三浦は3安打無失点の快投、清宮は通算111本塁打で高校最後の試合終える

 侍ジャパンU-18代表は10日(日本時間11日午前1時開始)、「第28回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(カナダ・サンダーベイ)の3位決定戦でカナダと対戦した。3回に清宮の今大会初タイムリーなどで4点を先制すると、その後も加点。投げては、先発の三浦が7回3安打無失点12奪三振と快投した。日本は8-1の快勝で今大会最終戦を飾り、3位で大会をフィニッシュ。また、清宮にホームランは出ず、通算111本塁打のまま高校最後の試合を終えた。

侍ジャパンU-18代表決勝進出ならず、韓国に黒星、小枝監督「詰め切れなかった」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本は3回、先頭・小園がライト前ヒットで出塁し、暴投で二塁へ。続く藤原のゴロを相手セカンドが後逸し、小園が生還した。その後、安田の四球などで無死満塁となり、清宮が打席に。相手の暴投で藤原が2点目のホームを踏むと、主将は追い込まれてからファウルで粘り、最後は変化球をセンター前に運ぶ技ありの一打。ここまで3本の犠飛と2本の本塁打で5打点を挙げていた清宮だが、これが今大会初タイムリーとなった。続く櫻井は左犠飛で、この回4点を奪った。

 さらに、続く4回は先頭・増田のヒットからチャンスを作り、藤原がタイムリー。1死一、二塁としてから、安田の適時打も飛び出し、6-0とリードを広げた。

 先発の三浦は初回から快投。伸びのある直球とキレのある変化球で、カナダ打線につけ入るスキを与えない。1、2、3回と2三振ずつを奪い、無安打に抑える快投。4回1死から初ヒットを許したものの、後続を落ち着いて断ち、この回も2K。5回も1奪三振を含む3者凡退に抑えると、6回も2三振を奪い2イニング連続3人で片付けた。

 7回、日本は増田のタイムリーで1点を追加。その裏、三浦は先頭ネイラーにヒットを許すなど2死一、二塁とされる。初めて二塁に走者を背負ったが、続く打者を三ゴロに仕留めて無失点で切り抜け、ここでお役御免となった。

 8回は磯村、9回は清水とつなぎ、日本は8-1で快勝。清宮は8回先頭で初球に死球を受け、通算111本塁打で高校最後の打席を終えた。侍ジャパンU-18代表の今大会成績は6勝3敗だった。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中