野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神藤浪、坂本への死球から崩れKO 5点の援護も…4回途中4失点で降板

阪神の藤浪晋太郎投手が12日、本拠地での巨人戦に先発。2回までに5点のリードをもらったが、3回に1点を失うと、4回に坂本への死球から崩れてKO。3回1/3を4安打4失点3奪三振2四死球で降板となった。

2イニング連続3者凡退の立ち上がりから…いきなり崩れてKO

 阪神の藤浪晋太郎投手が12日、本拠地での巨人戦に先発。2回までに5点のリードをもらったが、3回に1点を失うと、4回に坂本への死球から崩れてKO。3回1/3を4安打4失点3奪三振2四死球で降板となった。

 1、2回を3者凡退と上々のスタートを切った藤浪。味方の援護もあり、5点リードで迎えた3回に先頭・長野のソロ本塁打で1点を返される。

 すると、4回は先頭・坂本への初球の直球がすっぽ抜けて死球に。続く阿部は中飛に打ち取るも、村田の打席で坂本に二盗を許すと、ストレートの四球で一、二塁に。亀井にはライトへの適時二塁打を浴びて2失点目。1死二、三塁から長野にはセンターへの2点タイムリーを許して1点差と迫られ、ここで金本監督が交代を告げた。2番手・石崎が後続を断ってリードを守った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中