野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 同僚も脱帽、“唯一無二”の上原浩治のプロ意識「『ちくしょう』って感じさ」

同僚も脱帽、“唯一無二”の上原浩治のプロ意識「『ちくしょう』って感じさ」

メジャー9年目のシーズンとなる今季、カブスのブルペンを支えている上原浩治投手。49試合に登板し、3勝4敗2セーブ14ホールド。防御率3.98はキャリアで最も悪い数字となっているものの、42歳にして世界トップレベルでの活躍を続けている。

カブス・上原浩治【写真:Getty Images】
カブス・上原浩治【写真:Getty Images】

42歳でメジャートップレベルを維持、Rソックスの地元紙がカブス上原を特集

 メジャー9年目のシーズンとなる今季、カブスのブルペンを支えている上原浩治投手。49試合に登板し、3勝4敗2セーブ14ホールド。防御率3.98はキャリアで最も悪い数字となっているものの、42歳にして世界トップレベルでの活躍を続けている。

 2013年には、レッドソックスのクローザーとして圧倒的な活躍を見せ、世界一に貢献した右腕。昨年までの本拠地だったボストンでは絶大な人気を誇り、今年4月にフェンウェイ・パークに凱旋したときにはスクリーンで2013年の名シーンとともに本人が映し出され、大歓声を浴びた。そして、レッドソックスの地元紙「プロビデンス・ジャーナル」はこのほど、「コウジ・ウエハラは幸せな野球人生を歩んできた」とのタイトルで記事を掲載。レッドソックスではなく、カブスに在籍しているにもかかわらず、上原について特集を組んだ。

 記事では冒頭に「コウジ・ウエハラの謙虚さを理解するのに通訳は要らない」と言及。大学受験に失敗して浪人生活を送ったことも含めた上原の半生、勤勉なトレーニングの風景などを本人へのインタビューとともに紹介している。その上で「誤解してはいけない。冷ややかで無感情とも読める回答は、実際は愛する競技をプレーし続けるウエハラの活力と努力に関するものなのだ」と称賛。チームメート、ファンから愛される、その人間性に注目している。

 今季がカブスでの1年目となるが、同僚からはすでに尊敬の念を集めているという上原。左腕のモンゴメリーは同紙の取材に対して、「彼は今も、僕らの今や20代のときと同じようにやってるんだ」と42歳の肉体の強靭さに驚きを示した上で、「それはもう『ちくしょう、自分もあの年齢でああできたらな』って感じさ。彼の習慣や労働倫理や食事といった全てが機能していることを示している。42にもなってこうしているなら、正しいことをしてきたってことだ」と脱帽している。

 上原といえば、87、88マイル(約140、142キロ)の直球と切れ味のあるスプリットでメジャーの猛者を斬って取るスタイルで称賛を浴び続けている。特に、140キロそこそこで空振りを量産する直球は“魔球”とも称されるが、同じ投手には、どのように見えているのか。

人気記事ランキング