野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

井口資仁を支えた出会い、そして今後…「いずれメジャーの監督もやりたい」

今季限りでの現役引退を発表しているロッテ井口資仁内野手。9月24日に控えた引退試合を前に、2軍の浦和球場で最終調整を行っている。日米両国で過ごした21年に及ぶ現役生活では、3度の日本シリーズ優勝とワールドシリーズ優勝を経験。個人としても、日米通算2000本安打、NPB通算250本塁打という輝かしい記録を作った。

王会長に言われた言葉「今まで自分のやってきたことを伝えなくちゃいけない」

 入団当時、ダイエーの監督を務めていた王会長は、言わずもがなの“世界の本塁打王”。「打撃でタイミングの取り方だったり、根本的なところを教えてくれた」と同時に、何よりもその人間性に惹かれた。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

「あれだけの人物だから、もっと偉そうにしてもおかしくないのに、すごく謙虚な方。こう言ったら失礼だけど、本当に普通で、ざっくばらんにいろいろなことを話してくれる。

 この前、王会長に言われたんですよ。『俺は22年現役をやったけど、終わってから37年経っている。今まで自分のやってきたことを伝えなくちゃいけない。それがお前たちの使命だから』って。それは自分でも感じていたことだから『そうですね、その通りです』って言うしかなかったですね」

 やはり誰もが気になるのは、引退後の去就だろう。ロッテを5年間率いた伊東勤監督は、今季限りでの退任が決まっている。その後任候補として井口の名前も挙がっているが、もちろん、ゆくゆくは監督として指揮を揮いたい気持ちはある。

「やっぱり40歳を迎える頃から、自分の引き際も含め、どういう風に野球に関わっていくのかなって考えるようになった。離れてみるのもいいし、現場の今を知っておくために、そのままいた方がいいかもしれない。何がいいんだろうって。

 ユニホームを着ているのが一番いいことだし、何らかの形で絶対野球には関わる。アメリカでコーチをやってみたいし、いずれはメジャーの監督もやりたいと思っているから。日本で監督をするにしても、海外でコーチ経験があることは、間違いなくプラスになるでしょ。

 オファーをいただけば、いろいろ考えなくちゃいけないし、断るっていう選択肢もある。幅広い選択肢は、ここまでやってきたから持てるもの。いろいろなことにチャレンジできると思うんですよね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」