野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム2年目吉田がプロ初勝利へ強い覚悟「今回がラストチャンスのつもりで」

日本ハムの2年目右腕・吉田侑樹投手が18日、プロ初勝利を懸けて本拠地でのオリックス戦に先発する。

日本ハム・吉田侑樹【写真提供:北海道日本ハムファイターズ】
日本ハム・吉田侑樹【写真提供:北海道日本ハムファイターズ】

18日オリックス戦で1軍4度目の登板へ

 日本ハムの2年目右腕・吉田侑樹投手が18日、プロ初勝利を懸けて本拠地でのオリックス戦に先発する。

「今まで3回チャンスがあって1回も勝てなかった。今回がラストチャンスのつもりでいきます」と自らにプレシャーをかけ、気合十分で4度目のマウンドに上げる。

 プロ初登板初先発となった4月14日楽天戦では5回途中7安打3失点で負け投手になった。7月20日楽天戦では5回5安打無失点ながら勝ち負けつかず。同31日ソフトバンク戦では3回途中7安打5失点でKOされ、2敗目を喫した。

 今季初めて1軍を経験して感じたことは、直球をもっと磨く必要性だった。「真っすぐが通用しないといけないと思って、キレを求めてやってきました」と言う。

 ファームでは、投げ終わりに体重が後ろに残ってしまう悪癖の修正に着手。「下半身の動きを意識して、バッターに向かっていくようにしています。球に勢いが出てきました」と手応えを感じている。

 2度目となる本拠地での登板。5回無失点と好投した7月20日楽天戦の好感触は残っている。「北海道のファンの方は温かいですし、いつも以上に力が出ます」と応援も味方につけて、来季につながる白星をつかみとる。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中