野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島がV2に向け追加点、野村がバスター後のスクイズ成功で2点目挙げる

2年連続8度目のリーグ優勝までマジック1としている広島が18日、敵地での阪神戦で4回に先発野村のスクイズでリードを広げた。

直後にソロ被弾で1点差に詰め寄られる

 2年連続8度目のリーグ優勝までマジック1としている広島が18日、敵地での阪神戦で4回に先発野村のスクイズでリードを広げた。

 初回に松山が中堅へタイムリーを放ち、1点を先制した広島。先発マウンドに上がった野村は、2回、3回と走者を背負いながらも無失点に抑えた。1点リードで迎えた4回。先頭の安部が死球で出塁すると、1死から會澤の右前打で一、三塁としたところで打席に立った野村は、バスターを仕掛けた後に見事スクイズを決め、自ら貴重な追加点を演出した。

 野村はその直後の4回裏、中谷にバックスクリーンへソロ被弾。自ら決めたスクイズの1点が、ますます大きな意味を持った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中