野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹バンデンハークが“4度目の正直”で札幌D白星「いい流れをCSに」

ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手が“4度目の正直”を果たした。20日の日本ハム戦(札幌D)。6回を投げて7安打を許したが、1失点にまとめあげ「どんな勝ちでも、チームが勝ったことが良かった。CSに向けてというのもあるけれど、まだシーズンは終わってない。1つでも多く勝たないといけない。それで、いい流れをCSに持っていければいい」と振り返った。

ソフトバンクのリック・バンデンハーク【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのリック・バンデンハーク【写真:藤浦一都】

工藤監督も評価「球自体は前回よりも良くなった」

 ソフトバンクのリック・バンデンハーク投手が“4度目の正直”を果たした。20日の日本ハム戦(札幌D)。6回を投げて7安打を許したが、1失点にまとめあげ「どんな勝ちでも、チームが勝ったことが良かった。CSに向けてというのもあるけれど、まだシーズンは終わってない。1つでも多く勝たないといけない。それで、いい流れをCSに持っていければいい」と振り返った。

 初回にレアード、中田に連打を浴び、2死一、二塁を作られるも、大田を空振り三振に。3回には西川に安打と盗塁、内野ゴロで三塁に進まれると、レアードの中前適時打で先制を許した。3者凡退は4回のみ。走者を出す展開となったが、8個の三振を奪い、要所を締めて最少失点にとどめた。

 今季の日本ハム戦は、ここまで5試合に先発して4敗未勝利。札幌ドームではこの日が4度目だったが、過去3試合は5回途中8安打3失点、4回途中7安打6失点、7回4安打2失点と、いずれも黒星を喫していた。4度目の先発でようやく初勝利となった。

 6回5失点で負け投手になっていた9月13日のオリックス戦(ヤフオクD)と比べ「球自体は前回よりも良くなった」とした右腕。工藤監督も「前よりは力が出るようになってきた」と語る。クライマックスシリーズでもローテの一角に入るバンデンハーク。白星は、8月22日の西武戦(ヤフオクD)以来、約1か月ぶりとなり、13勝目をマークした。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中