野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武栗山、チームを救うジャンピングキャッチ 先発菊池も拍手&感謝の脱帽

西武の栗山巧外野手が21日の本拠地ロッテ戦で先発の菊池、そしてチームを救う美技を見せた。

逆転を阻止するビッグプレーに

 西武の栗山巧外野手が21日の本拠地ロッテ戦で先発の菊池、そしてチームを救う美技を見せた。

 西武が1点リードで迎えた5回、菊池は2死一、二塁のピンチを背負った。ここで1ボールから角中へ投じた148キロの直球が捉えられる。打球は左中間方向へ。グングンと飛び、そのまま抜けるかと思われた。

 しかし、背走していた左翼の栗山がジャンプ。フェンス目前でグラブにボールを収めた。抜けていれば逆転という場面。ビッグプレーにスタジアムは大歓声に包まれ、マウンド上の菊池も大きな仕草で拍手。さらにその後、ベンチ前で脱帽して頼りになるチームリーダーを迎えていた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中