野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

プロ野球史上初、楽天「シーズン20発トリオ」誕生はどれほどスゴイのか

今月19日、楽天のアマダーが日本ハムの上原から20号本塁打を打った。これで楽天はペゲーロ、ウィーラー、アマダーの外国人トリオがそろって20本塁打をマーク。これは史上初のことだった。

楽天・ペゲーロ【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】
楽天・ペゲーロ【写真提供:東北楽天ゴールデンイーグルス】

楽天を支えるアマダー、ペゲーロ、ウィーラーの助っ人トリオ

 今月19日、楽天のアマダーが日本ハムの上原から20号本塁打を打った。これで楽天はペゲーロ、ウィーラー、アマダーの外国人トリオがそろって20本塁打をマーク。これは史上初のことだった。

 今季の楽天外国人打者の成績は以下(※20日時点、カッコ内は打率順位)。

ペゲーロ 110試合431打数126安打26本74点 打率.292(5)

ウィーラー 128試合497打数132安打28本74点 打率.266(16)

アマダー 115試合395打数94安打22本64点 打率.238(22)

 今季の楽天は、昨年の5位から急上昇し、現時点で3位、ポストシーズン進出をほぼ確実にしている。その中で打撃の原動力は3人の外国人選手だと言えるだろう。タイトルに絡むような選手はいないが、3人ともに長打力を発揮し、打線の中核を力強く担っている。

 NPBには、早くも創設1年目の1936年に名古屋のバッキー・ハリスなどの外国人がいた。日本のプロ野球と外国人選手は切っても切れない関係だ。1952年、NPBは外国人選手を「1球団3人まで」という制限を設けた。「外国人枠」の始まりだ。

 この時期までは日系人選手が多く、MLB選手はいなかったが、1953年、毎日オリオンズが、兵役で日本に駐留していた元メジャー投手のレオ・カイリーと契約。軍の勤務がない日だけ試合に出場し、6試合で6勝0敗防御率1.80、打っては19打数10安打を記録。ここから外国人選手ブームが起きる。パ・リーグを中心に各球団が複数の外国人選手を抱えるようになった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中