野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB武田「申し訳ないし、悔しい」 CS先発へ、次がラストチャンスに

ソフトバンクの武田翔太投手は、クライマックスシリーズに向けて、不安を残す投球となった。21日の日本ハム戦(札幌D)に先発したものの、6点を失い、5回途中でノックアウトされた。

ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

6失点で5回途中ノックアウト、工藤監督は「もう1回チャンスを与えたい」

 ソフトバンクの武田翔太投手は、クライマックスシリーズに向けて、不安を残す投球となった。21日の日本ハム戦(札幌D)に先発したものの、6点を失い、5回途中でノックアウトされた。

「コントロールが、今日は真ん中に集まってしまった。全体的に真ん中に寄っていた」

 試合後にこう振り返った右腕。初回、中田に左中間を破られる適時二塁打を浴びて先制点を与えると、4回には横尾に2ランを浴びるなど4失点。「良くないほうにまとまってしまっていた。バランスの問題もあった。試合中に修正出来なかった」。5回には3連続四球から犠飛で1点を失い、5回もたずに降板した。

 東浜、千賀、和田、バンデンハークに続く存在として、クライマックスシリーズの先発候補となっている武田。その座を中田、石川らと争う立場にいるものの、この日の投球では“当確ランプ”を灯すことは出来ず、「チームに申し訳ないし、悔しい。修正は出来ると思うので、しっかり次に向けて修正したい」と語った。

 工藤公康監督は「悪いボールばかりじゃなかった。いい時ばかりではない。次にどうするか見てみたい。もう1回チャンスを与えて、判断したいと思う」とし、もう1度登板機会を与えることを示唆した。次がラストチャンス。昨季まで2年連続2桁勝利中の武田は、CSの先発の座をつかめるか。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中