野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

CS争いの4位巨人、痛い連敗 畠6回3失点で3敗目、打線は2点のみに終わる

巨人は23日、広島に2-3で敗れた。先発の畠が4回までに3失点。打線は小林のソロホームラン、重信の遊ゴロの間の1点と、計2得点に終わった。DeNAと激しい3位争いを繰り広げる中、クライマックスシリーズ(CS)進出に向けて痛い2連敗となった。

DeNAと激しい3位争いを繰り広げる巨人

 巨人は23日、広島に2-3で敗れた。先発の畠が4回までに3失点。打線は小林のソロホームラン、重信の遊ゴロの間の1点と、計2得点に終わった。DeNAと激しい3位争いを繰り広げる中、クライマックスシリーズ(CS)進出に向けて痛い2連敗となった。

 畠は初回、丸に先制ソロ弾を浴びる。4回に小林のソロ本塁打で同点に追いつくも、畠は4回にヒットと四球、自身の牽制悪送球で無死二、三塁とピンチを招き、松山には勝ち越しタイムリーを打たれた。さらに、バティスタには犠飛を許し、追加点を奪われた。

 巨人は6回、薮田から無死一、三塁の好機を作り、重信の遊ゴロの間に1点を返すも、続く小林はダブルプレーで同点に追いつくことはできず。畠は6回3失点の粘投で降板。しかし、打線は薮田の後を継いだジャクソン、中崎に無失点に抑えられ、敗れた。畠は今季3敗目となった

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中