野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム大谷、登板2日後に驚愕決勝弾「張りは感じてたけど、悪くはなかった」

21日のソフトバンク戦では今季4度目の先発で、2勝目を挙げた日本ハム大谷翔平。2日後の23日・ロッテ戦では決勝弾を放った。

投手として2勝目を挙げてから2日後、右中間席上段へ衝撃の弾丸弾

 21日のソフトバンク戦では今季4度目の先発で、2勝目を挙げた日本ハム大谷翔平。2日後の23日・ロッテ戦では決勝弾を放った。

 3-3の同点で迎えた8回、ルーキー有吉の外角シュートを完璧に捉え、右中間席上段へ弾丸ライナーで突き刺さる今季8号アーチを放った。2ボール1ストライクからの4球目、「ストライクゾーンの打てる球を積極的に打ちにいった。勝ち越せてよかった」と大谷。「多少(身体の)張りは感じていたが、悪くはなかった」と話した。

 栗山監督も「張りは大丈夫そうだったので使った」と説明。打った瞬間にホームランとわかる一発が、コンデション面での問題のなさを証明した形だ。初回、4回とロッテの先発・関谷の外角チェンジアップに空振り三振。6回も同じチェンジアップに遊飛と3打席凡退だったが、フラストレーションを一気に晴らしていた。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中