野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB屈指の名将が語る大谷の“二刀流起用法”「アにフィット」「ナは創造的に」

MLB屈指の名将が語る大谷の“二刀流起用法”「アにフィット」「ナは創造的に」

「和製ベーブ・ルース」の異名を取る若きスターの“新天地”について、昨季ワールドシリーズを制覇したカブスのジョー・マドン監督は、指名打者(DH)制度の存在から「ア・リーグが容易」と分析。その一方で、DH制度のないナ・リーグでの起用法についても言及している。

日本ハムの大谷翔平とカブスのジョー・マドン監督【写真:田口有史、Getty Images】
日本ハムの大谷翔平とカブスのジョー・マドン監督【写真:田口有史、Getty Images】

昨季の世界一球団も獲得に本腰か、「カブスのレーダーでオオタニが次なる大物に」

 日本ハムの大谷翔平投手は、今オフにもポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー挑戦に踏み切る可能性が浮上している。「和製ベーブ・ルース」の異名を取る若きスターの“新天地”について、昨季ワールドシリーズを制覇したカブスのジョー・マドン監督は、指名打者(DH)制度の存在から「ア・リーグが容易」と分析。その一方で、DH制度のないナ・リーグでの起用法についても言及している。地元テレビ局「CSNシカゴ」電子版が報じている。

 メジャー挑戦を正式に表明した場合、メジャー球団が今オフに壮絶な争奪戦を展開すると見られている大谷。カブスもまた争奪戦に参戦する可能性が浮上している。

「プレーオフが終われば、カブスのレーダーでショウヘイ・オオタニが次なる大物になるかもしれない」とのタイトルで組まれた「CSNシカゴ」の特集では、メジャー屈指の名将・マドン監督が、165キロの剛速球を誇りながら昨季は打者としても22本塁打を放った大谷のメジャーでの二刀流実現について言及している。

「もしも、彼が衝撃的に素晴らしいなら、できることはたくさんある。彼がそこまで優秀ならば、多くのユニークな状況が生まれてくる」

 マドン監督はこう語り、才能豊かな大谷の二刀流を“容認”する方針を示したという。その一方で、最高の舞台はカブスの所属するナショナル・リーグではないとも分析している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中