野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ涌井、井口引退試合で緊急降板「申し訳ない」 チームはサヨナラ勝利

ロッテ涌井が24日の日本ハム戦に先発。井口の引退試合となった一戦で1点リードの5回にアクシデントで降板した。

5回まで1安打の快投も、アクシデントで降板「絶対勝たなくてはいけない試合」が…

 ロッテ涌井が24日の日本ハム戦に先発。井口の引退試合となった一戦で1点リードの5回にアクシデントで降板した。

「今日は井口さんの引退試合なので、 絶対勝たなくてはいけない試合。最初から飛ばして行った」と初回に大谷を150キロで空振り三振。速球が走り、5回まで9三振。 4回に松本から三振を奪い、通算1500奪三振を達成した。

 5回まで中田の中前打1本と完璧な投球を見せたが、6回先頭の清水に左前打を許した直後にマウンド上で左手の親指がつったような仕草を見せて医務室に直行。応急治療でマウンドに戻り、ウォーミングアップ投球を開始した途端、今度は足がつって、松永が緊急リリーフした。

 降板直後には「ああいう形でマウンドを降りて、申し訳なく思う。1500奪三振は、こういう試合で達成できてよかったが、今日は井口さん。勝って花道を。それだけ」と話したものの、4番手の南が7回に2点を失い、8回には大谷も1失点。敗戦濃厚だったが、9回土壇場で井口が劇的な同点2ラン。そして、延長12回には鈴木がサヨナラ打を放ち、ロッテは4-3で勝利した。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中