野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAが阪神に2連勝で3.5差、ウィーランド来日初完封で9勝目&宮崎13号

DeNAは25日、敵地での阪神戦に7-0で完封勝利した。これで2位阪神との差は3.5ゲーム。直接対決を3試合残しており、シーズン土壇場に来て2位争いが面白くなってきた。

阪神は岩田が6回3失点も打線が揮わず

 DeNAは25日、敵地での阪神戦に7-0で完封勝利した。これで2位阪神との差は3.5ゲーム。直接対決を3試合残しており、シーズン土壇場に来て2位争いが面白くなってきた。

 先発ウィーランドが快投した。5安打と2四死球で走者を背負ったものの、阪神打線に連打を許さず、三塁も踏ませなかった。9回を投げ終えても102球という省エネ投法で、試合のトーンを決めた。打席でも3回に、この日チーム初安打となる中前打で出塁。桑原の適時打で先制ホームを踏んだ。

 マウンドで力投するウィーランドを助けるべく打線も奮起。6回に嶺井がセンターへ2点三塁打を運ぶと、8回には宮崎が左翼席へ13号ソロ弾。9回には主砲筒香が右翼ポール付近に25号3ランを叩き込み、ダメを押した。

 阪神は、先発の岩田が5回まで1失点で粘ったが、打線の援護に恵まれず。6回に2点を失って降板した。9回には9試合連続無失点救援をしていた石崎が、筒香に3ランを献上。打線はウィーランドの快投の前に連打で続けず、前日に続く完封負けを喫した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中