野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB工藤監督、敗戦にも和田の粘りに安堵「7回3失点は納得いく数字」

26日、ソフトバンクはロッテに3-4の惜敗。それでも工藤公康監督は和田毅の粘りの投球に安堵の表情を浮かべた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

和田はCSへ向けて残り5試合で調整登板も「少し間があくので」

 26日、ソフトバンクはロッテに3-4の惜敗。それでも工藤公康監督は和田毅の粘りの投球に安堵の表情を浮かべた。

 7回3失点。工藤監督は「しっかり粘れたと思います」と和田の投球内容を評価した。「まだ本人の中で納得できていない部分もあると思うけど、7回3失点は十分納得いける数字だと思います」。東浜巨の抹消、千賀滉大の不調と、CSに向けての不安材料が増えているだけに、工藤監督は和田の粘りに安堵の表情を浮かべた。

 前日、和田は「これが(シーズンで)最後の先発」と語っていたが、工藤監督は「少し間が空くので、ひょっとすると調整登板があるかもしれない」と、残り5試合のどこかでマウンドに上げる可能性も示唆した。

 柳田悠岐を欠いて元気が出ない打線については「ケガ人もいたりして、なかなか思うような展開にならない」と渋い表情。そして苦言の矛先は、優勝決定後の試合でスタメン起用されている若手・中堅野手陣に向けられた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中