野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

必ず「8」が似合う男に―ロッテ中村に託された伝統の背番号

今季開幕直後は攻守でふるわずファーム調整を余儀なくされたが、シーズン最終盤から伝統の番号「8」を背負う男が存在感を示している。

ロッテ・中村奨吾【写真:(C)PLM】
ロッテ・中村奨吾【写真:(C)PLM】

有藤氏や今江らが背負ってきた「8」

 9月26日の福岡ソフトバンク戦、千葉ロッテの中村が大学の大先輩・和田から1本塁打を含む3安打2打点をマークした。今季開幕直後は攻守でふるわずファーム調整を余儀なくされたが、シーズン最終盤から伝統の番号「8」を背負う男が存在感を示している。

 天理高校時代には春夏計3度の甲子園を経験。進学した早稲田大学でも、1年春からリーグ戦に出場すると、4年時には主将となり、走・攻・守で伝統校をけん引した。2014年、千葉ロッテにドラフト1位指名を受けた際には、「去年、石川投手が新人王になったので、自分も狙っていきたい」と力強い宣言をしていた。

 プロ1年目は、即戦力内野手の期待通りオープン戦で結果を残すと、開幕を1軍で迎える。「1番・三塁」として先発出場した4月30日の埼玉西武戦では、第1打席で本塁打。新人選手のプロ初本塁打が初回先頭打者本塁打になったのは、球団史上初だった。様々なポジションを務め、111試合269打数62安打5本塁打21打点、打率.230という成績を残す。

 さらなるレベルアップが期待された2016年。「9番・二塁」で開幕スタメンの座をつかむも、前年を下回る成績に終わる。しかし、終盤戦に見せたパンチ力のある打撃が評価され、オフに有藤通世氏、今江(現・楽天)など、チームの顔と呼ぶべき選手が背負ってきた伝統の背番号「8」を継承した。

 そして迎えた今季、キャプテン・鈴木のコンバートに伴って、「9番・遊撃」で2年連続の開幕スタメンの座をつかむ。ファーム降格も味わったが、今季初安打を放った6月18日の巨人戦以降、打率が急上昇。7月の月間打率.317と結果を残し、レギュラーに定着。終盤戦に入って安打を重ね、現在打率.276、9本塁打をマークしている。

 大きな期待をかけられ、伝統の番号「8」を継いだ中村。本来のパフォーマンスを維持し、ファンからも愛される「ミスター・ロッテ」の仲間入りができるか、注目だ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中