野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

千葉ロッテの「持ってる男」加藤はチームの明るい未来を導けるか

プロ初打席で強烈なインパクトを残してから4年。プロの高い壁に挑み、その都度挫折を味わってきた若武者が、ついに飛躍のシーズンを迎えた。

ロッテ・加藤翔平【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・加藤翔平【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

プロ初開幕1軍、2軍落ち経験も再昇格後に見せた成長の跡

 プロ初打席で強烈なインパクトを残してから4年。プロの高い壁に挑み、その都度挫折を味わってきた若武者が、ついに飛躍のシーズンを迎えた。リーグ最下位に沈む千葉ロッテの打線の中で気を吐く加藤。今季は文句なしで、キャリアハイの数字を残している。

 上武大学出身の加藤は、2012年にドラフト4位で千葉ロッテに入団。ルーキーイヤーの2013年に、史上7人目(ルーキーでは史上2人目)となるプロ初打席初球本塁打を放って鮮烈なデビューを飾る。その年のフレッシュオールスターでも先制2ランを決めてMVPに輝き、クライマックスシリーズでも初打席で3ラン。思わず「持っている」と言いたくなる離れ業をやってのけ、プロ初年度からその存在をド派手にアピールした。

 2年目には98試合に出場して打率.253を記録するなど、早くも1軍レギュラーの座を手にしつつあると思われた加藤。しかし、翌年は攻守で壁に直面し、1軍出場はわずか21試合に終わってしまう。続く2016年も1軍定着を果たすことはできず。スイッチヒッター、俊足、パンチ力、広い守備範囲など、持ち前の能力をなかなか成績に結び付けられずにいた。

 そして迎えたプロ5年目となる今季、加藤はオープン戦絶好調のチームにあって熾烈な外野手争いを勝ち抜き、自身初となる開幕1軍入りを果たす。5月2日の時点で打率.148という打撃不振に陥り、再調整を余儀なくされた時期こそあったものの、再昇格して以降は上り調子。現在の成績は93試合250打数68安打5本塁打24打点、打率.272で、各部門で自己最高の数字をマークしており、飛躍への足掛かりをつかむシーズンとなっている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中