野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ不遇のシーズンに現れた来季につながる希望、2年目左腕が見せた輝き

29日の試合はプロ2年目の成田投手がプロ初先発登板を果たし、大卒ルーキーの佐々木投手がその後を受けるというフレッシュなリレーが実現。成田投手は敗戦投手となってしまったものの、佐々木投手ともども見応えのあるマウンドだった。

ロッテ・成田翔【写真:(C)PLM】
ロッテ・成田翔【写真:(C)PLM】

2年目左腕の成田、プロ初登板で初ホールドをマーク

 9月29日、本拠地でオリックスに敗れ、球団最多のシーズン86敗目を喫した千葉ロッテ。しかし、9月は今季初の月間勝ち越しを決め、来季に向けた明るい話題も増えてきた。29日の試合はプロ2年目の成田投手がプロ初先発登板を果たし、大卒ルーキーの佐々木投手がその後を受けるというフレッシュなリレーが実現。成田投手は敗戦投手となってしまったものの、佐々木投手ともども見応えのあるマウンドだった。

 小さな身体で躍動し、秋田商業高校時代は「東北のドクターK」として名を馳せた成田投手は、プロ2年目の19歳だ。憧れの存在として、母校の先輩であり共通点の多い東京ヤクルトの石川投手を挙げている。今季ファームでは19試合に登板し、62回、3勝3敗、防御率3.05という成績。フレッシュオールスターゲームにも出場し、1回を2奪三振、無失点に抑えた。初の1軍昇格を果たしたのは9月6日で、すぐさまプロ初の1軍登板機会が巡ってきた。

 メットライフドームの埼玉西武戦。延長10回裏。チームが1点を勝ち越した直後の大事な場面からの登板だった。「びっくりした気持ちもあったんですけど、落合さん(英二投手コーチ)が選んでくれたので、思い切って腕を振って投げていこうと思いました」と、先頭の秋山選手を外角の直球で左飛に打ち取る。しかし、続く源田選手に四球を与えると、森選手に安打を浴び、1死一、二塁となったところで交代。「かなり緊張しました」という1軍マウンドだったが、後を受けた田中靖投手が抑えたことでチームは逃げ切り、プロ初ホールドをマークした。

 その日のヒーローインタビューで、「このピッチングをしっかり反省して次の登板に向けて調整していけるように、これより良いピッチングができるように頑張っていきたいと思います」と、緊張した面持ちで語った19歳。そして、その言葉通り、プロ初先発登板となった9月29日の投球には、確かな成長の跡が窺えた。

人気記事ランキング